◆飛行許可申請について

人口密集地などは国土交通省改正航空法に従い、飛行許可申請を行います

飛行許可の必要不要は当店で確認いたします

飛行許可が必要なエリア・飛行の方法は下記リンク先よりご確認いただけます

DJI安全飛行フライトマップ

◆撮影中止について

撮影は天候の状態により、撮影直前であっても中止することがあります

空撮中止の判断は安全基準を第一とし、オペレーターが危険と

判断した場合は、撮影直前・撮影最中であっても中止します

中止の場合、別日にて撮り直しが可能です

 

※現着後のキャンセルの場合は、交通費を負担頂くことがあります
※日程変更の場合、追加費用は発生しませんが、フライト開始済みの場合は別途費用を頂くことがあります
※機械トラブルの場合も別日にて撮り直しとなります

撮影中止・遅延により損害がお客様に発生しても、当店は責任を負いませんのでご了承ください

<空撮撮影中止の判断基準>

雨天・降雪・霧・強風(風速5m以上)

気温が0℃以下・35℃以上(バッテリーが40℃を超える可能性を感じる時)、及び社会的外的要因により飛ばせないと判断された場合

 

ご依頼の際は予備日の設定をお願いします

※予備日設定は当店クルーとの日程調整が必要です

 

◆事前現地確認・打ち合わせが必要な条件について

撮影場所によって、事前現地調査・打ち合わせが必要な場合があります

この場合、別途費用を頂くことがあります

 

<環境要因>

1.無線基地局周辺などの電波障害が発生しやすい場所

2.構造物に近接(10m以内)する場合や橋の下・屋内等GPS障害が生じやすい場所

3.鉄筋・鉄塔・大型の発動機等の大きな鉄の塊がある場所

 

<許可・安全面>

1.国土交通省や土地の所有者の飛行許可がない場所

2.国土交通省の飛行許可を取得していない人混みの上空

3.離発着場所が確保できない場所

 

※調査の結果、安全が確保できない・技術的に難しい場合は撮影をお断りすることがあります

 

ドローンが墜落した場合の補償について

電波障害や天候の急変、鳥の来襲など突破的要因により、ドローンが墜落する場合があります

 

万一、ドローンが墜落して事故が起きた場合、当社契約のドローン保険によって補償い
たします

 

空撮撮影動画・静止画の現場でのお客様よりの要望について

空撮撮影は、訓練され資格を取得したオペレーターが行いますが

オペレーターの技量・ドローンの性能を超えるご要望や、安全を担保出来ない要望はお断りすることがあります

 

空撮撮影の立ち合い・近隣への説明について

ドローンの空撮には、可能な限りお客様の立会いをお願いしています

当日撮影に際し、抗議される方が現れたら、撮影のご依頼主であるお客様でご対応をして頂くことがあります

撮影が円滑に進むよう、隣近所の方に事前説明をされることをおすすめします

 

※法的な飛行許可申請・関連官庁への手続き・飛行情報共有システムFISSへの登録はこちらで行います

 

よくある質問

 

●どんな場合に飛行許可が必要でまた許可申請にどのくらいの期間が必要ですか?

当店では日本全国での年間通じて飛行許可承認及び、夜間飛行や目視外飛行について許可承認を頂いていますが、不特定多数の人が集まるイベント等の上空での撮影には別途の許可が必要となります

追加の許可申請には10日開庁日以上必要ですので、撮影申込みは、時間に余裕をもって早めにお願いします

※業務過多の為、イベント上空での撮影(200g以上の機体)は現在お断りしています

 

●撮影中ドローンが墜落して事故を起こしたらどうなりますか?

当社は三井住友海上保険のドローン保険( 1事故につき支払限度額1億円/身体・財物共通)に加入しています

事故に伴う損害賠償に関してはこちらの保険で対応いたします

 

●どれくらいの風速までなら空撮可能ですか?

地上で風速5m程度まで飛行/撮影可能です

ただし、上空ではさらに強風になる為、状況によっては撮影を中止することがあります

 

●当日の天候などの影響で中止となった場合、余分に費用はかかりますか?

フライト前日での中止判断の場合、予備日の調整を行い、別日での撮影となりますので
別途費用は掛かりません

 

撮影日、現地到着後の中止の場合は交通費をご負担いただきます
※前日時点で天候予測を確認、交通費以外の費用負担については打ち合わせにて決定します

 

フライト/撮影開始後の中止の場合は、各依頼プランに応じて

『追加フライト料金』×フライト数 + 交通費

をご負担頂くことがあります
※条件は事前打ち合わせで決定します

 

●撮影した画像や静止画はその場で見れますか?

はい、当日その場で画像をすぐ確認頂けます

 

データはJPEG(ご希望の場合はRAWも)でお渡しすることが可能です

撮影依頼時にご指定下さい

 

●動画・静止画の納品方法は?

原則としてSDカードやクラウドを利用したデータ納品ですが、打合せにて相談ください
※SDカードの場合はSDカード代をご負担いただきます

 

打ち合わせ時に当店担当者までご相談ください
※点検空撮の場合は、報告書という形でまとめた上で納品することも可能です

 

●撮影したデータの加工は出来ますか?

可能です(有料)
※お断りすることもあります

 

●費用の支払い方法は?

撮影前の打ち合わせにて決定します

例)
撮影前空撮依頼確定時に着手金入金(撮影料金の半額)

撮影終了・データ納品後請求書発行

翌月末までに振込指定口座に入金をお願いします

 

※支払方法:
銀行振込・クレジットカード決済
※クレジットカード決済を希望の場合は、撮影当日までにお伝えください
※クレジットカード取扱い可能ブランド visa . mastercard . AMERICAN EXPRESS . JCB . Diners Club . DISCOVER

<振込先>
ジャパンネット銀行
ビジネス営業部 店番 005
普通預金 口座番号 1754292
口座名義 カノアカーレンタル※振込手数料はご負担ください

 

●撮影後の動画・静止画の知的財産権(著作権など)はどうなりますか?

著作権は法律上撮影者に帰属しますが、当店ではお客様の著作権として対応しています

※当店ホームページでの実績映像・サンプル画像として、使用させて頂けるようお願いすることがありますので宜しくお願いします


ドローン空撮/撮影サービス滋賀 kanoa drone labo TOP
ドローン空撮撮影料金
ドローン空撮/確認事項
ドローン空撮/撮影問い合わせフォーム
ドローン保険
blog/お知らせ
instaglam/gallery
会社概要
リンク
⇒プライバシーポリシーはこちら
友だち追加


 

<ドローン空撮/撮影可能エリア>
滋賀賀県下、長浜市、彦根市、米原市、高島市、愛荘町、豊郷町、甲良町、多賀町、近江八幡市、東近江市、日野町、竜王町、甲賀市、湖南市、草津市、守山市、栗東市、野洲市、大津市及び、福井県、京都、岐阜県、三重県、愛知県
その他、地域でも相談ください!!